痛い!?痛いなら使いたくない…実際使用感はどう?

足や二の腕などの、気になる部分の引き締め効果で美容ブロガーにも大人気のボニックプロ。

 

ですが、ボニックプロの使用感には「痛い」という感想を見かけることもあります。

 

ボニックプロは痛いのか、痛いなら軽減する方法がないのかを調べてみました。

 

 

◆どうして痛いの?使い方が間違ってる?

ボニックプロは痛い!?痛いなら使いたくない…実際使用感はどう?

 

使ってみて痛かったら「この使い方でいいのかな?間違ってるのかも…」と心肺になってしまいますよね。

 

ですが、ボニックプロを使って痛みを感じるのは使い方を間違えているからではありません。

 

ボニックプロは「EMS刺激(電気刺激)」で筋肉を動かして痩せ効果を得ますが、このEMS刺激で人によっては痛みを感じてしまうため、使い方が間違っているわけではないんです。

 

ですが、EMS刺激が痩せる効果のキモであるため、痛みを完全になくすということはできないと考えると「私は痛いと感じてしまうかも」と不安になって使うに使えませんよね。

 

痛みをできるだけ感じない方法はないんでしょうか。

 

 

◆ボニックプロを痛くないようにできない?

 

まず、ボニックプロは他のEMSアイテムよりも痛みを感じないように設計されている点がポイントです。

 

「可変式EMS」という、自動で周波数が変化するシステムを採用することで、ずっと同一の周波数で刺激しているときに起きやすい痛みをできるだけ軽減するようになっています。

 

人によっては「全然痛くない!」と感じる場合もあるようです。

 

ですが、これもまた人によって「痛くないって聞いていたのに痛い」という人も。

 

継続して使いたいと考えているユーザーの、痛みへの対策方法をみてみましょう。

 

 

◆決め手はジェル?ボニックプロの痛み対策!

 

<ジェルはたっぷり塗ることで痛みが軽減>

 

ボニックプロは、専用のジェルを塗ってから使います。

 

このジェルはマッサージをスムーズにできるようにするだけではなく、電気が通りやすくする役割も持っています。

 

専用のジェルを使わないと効果を実感しにくいばかりか、本体の故障につながることもありますので、専用のジェルを使ってくださいね。

 

ユーザーの口コミでは、塗れば塗っただけ痛みが軽減するとのこと。

 

痛すぎ!という方はとりあえず応急手当として、ジェルの量を増やして試してみてください。

 

 

<はじめから強すぎるパワーで使わないこと>

 

ボニックプロは、刺激の強さを3段階から選ぶことができます。

 

「刺激が強いほうが早く効果がありそう!」と考えるのはもっともなのですが、それで痛くて続けられなくなっては意味がありません。

 

自分が気持ち良いと感じて使える強さを見つけて、その強さで慣れてみてくださいね。

 

慣れたら強くしても痛みを感じにくくなったという口コミも見られました。

 

 

ボニックプロの痛み対策についてご紹介しました。

 

できるだけ痛みのないようにして、地道に続けてみてくださいね。

 

>>> 実際にボニックプロを頼んでみました♪♪